2014.12.31 Wednesday

goodbye our youthful days

goodbye our youthful days

「年末」だ「○○納め」だ「忘年会」だなどと、忘れることがよしとされてる(忘れてんじゃねぇよ)年の瀬もしくは世の中ですが。生まれてこの方、忘れたいことなど何一つない原嶋に、バンドにソロに、プライベートも何もかも、関わってくれた沢山の人に感謝しています2014年。本当です。いつも原嶋卓哉を原嶋の歌を。バンドを、楽しみにしていてくれている人たちに感謝してます。救われてます。本当です。昨日もそれを実感した。

12月29,30日 地元のライブハウス
秩父ladderladderにて のイベント「goodbye our youthful days」に出演でした俺です。ライブを終えて、伝えたかったことは半分も言えなくて、悔しいなあ。

地元に関して、愛こそはすべて。だと、みせてくれるバンドはHOCKLE HOCKだけだと思う。それ以外は愛とか、語らなくていいよ。

いつも想像を超える。
いつだって「今」がカッコイイ。

生まれ育ったこの小さな街で、憧れという存在はすぐ側にあって。それはライブハウスにあって、それはバンドだった。「あの頃」はいつまでも褪せない。

この憧れが勘違いだとしても、騙されていたとしても、騙されているのだとすれば、俺はずっと騙されていたいなと思う。

みんな、もっと勘違いすりゃいいんだよな。
もっと感動して、泣いて、寂しくなって悔しくなればいいのな。









いつまでもあると思うなライブハウスと親とバンド。


今はまだ、在るのだから、守りたいね。守りたいもの、何も守れてこなかった俺にだって、守りたいものは今まで沢山あって、今も沢山ある。


一緒に楽しいことしたいよ!


明日からも、よろしく!


原嶋


2014.12.04 Thursday

ライブハウスはブスばかり


「今日、なに歌おうかなー。」は
「明日、なにを着て行こうかなー。」
に、似ている。
場合によっては何日も前からそればっか。
歌う。は、恋愛に似ている。
ライブは、デートに似ている。
ワクワクして、たまらない。
場合によってはドキドキする。
ドキドキして、たまらない。

俺はワクワクしながら、
そこへ向かうの。

あなたもそうだと、嬉しいなぁ。













原嶋

2014.11.21 Friday

DON'T LET ME DOWN


三上隼とのツアーを先日終えました。楽しいももちろん、悔しいもありました。が、クヨクヨするのは止めたので、お互い「次だよな」と、最後、一言、そこで別れた。個人的に「俺って、なにもねーな。でも、何かあるよな。」ってとこから始まったこのツアー。見つけたかった、知りたかった、知らなかった気付けなかった、いろいろな事は、沢山あって。沢山ある「いろいろ」の理由の中、そのひとつに、「“ゼロ”から“イチ”になりたい」ってのが、あって。(とても端折りますが)一周して、ゼロに戻るんだなと。俺、なんもねーんだ、と。いや、あるんだけどね。「繰り返す」ではなく「積み重ねる」。「年をとる」じゃなく重ねる、みたいに。繰り返していれば勝手に積み重なる訳などなくて、待っていても、なぞってみても、何も起こらないし何も起こせないのな。ゼロを言い換えるとそれはスタートであって…

いろんな街で見た景色や出逢った人や音楽は、すべて違くて、すべて同じでした。遠く離れた場所に居るのに近くに感じたり、そばに居るのに遠く感じる“アレ”みたいな。触れたものすべて僕らや僕らの街にリンクしました。シティなのかタウンなのかは関係なくて、自分の目で何を見るのか何を見たのか何が見たいのか。すべては自分次第。




今日です!



■11/21 (金) 新代田crossing
ハラシマタクヤpresents.

“Don't let me,“TOWN”-東京編-”

O/S 18:30/19:00

-出演-
原嶋卓哉
横田浩之(TOY)
上原浩樹(sentimental boys)
鈴木祐一(codomotona)




想いは、溢れる。勝手に!
お待ちしてます。












































































DON'T LET ME DOWN!



原嶋
2014.11.13 Thursday

ドント・レット・ミー・ダウン

11月13日 16:10
信州健康ランドの大広間で横になってる。テレビモニター付き。俺のとこ、「相棒」しか観れない。ぼーっとしている。振り返る。

10日。codomotonaさんの新曲制作、佳境。バタバタ。メンバーキレ気味。すいません。歌詞を書く。怒涛なう。

9時。新潟行き高速バス。

何時に着いたっけ。新潟市着。そこから路線バスで移動。GOLDENPIGSのある街まで。到着。場所を確認して、街を歩く。

海鮮を扱う…なんて言うか、その“通り”?でメシを食う。親子丼を頼む。

親子丼の当たりハズレ、スゴイと思いません?「これは国で定められているのですか?」ってくらいの“肉の少なさ”だったり。美味くない親子丼は本当に美味くない。だいたい失敗するのですが、ココの親子丼は美味かった。

近くのスタジオで打ち上げ。くだらない話を大半に、実のある話を繰り返し、朝7時就寝。

街は、人で、人が街だ。と、やっぱり思った良い夜。すべては自分自身。





11月12日

10時起床。名古屋での反省をフルに発揮した三上は既に起きていた。またお前か。バスで新潟市へ。


12時。長野行きのバスに乗る。客は4人。ウィラーエクスプレス。


長野INDIA live the SKY到着。



リハを終えて銭湯へ。熱い。最高。風呂って、大事だなぁ。




ライブを終えて、近くでライブだった藤原右裕さんと合流。外は雨。ラーメンを食う。次の日は三人、塩尻でライブの為、藤原さんの車で塩尻へ向かう。

向かうまでの道程が、懐かしいほど似ていて、このまま帰れるんじゃないか、と思うくらい。

そういえば、11月12日は想い入れのある日だったことを、ふと思い出して、ちょうどその頃、長野県松本市を通過した。感慨深い。不思議。


日付変わって“ココ”に着いたのは13日の午前2時頃。3時に入り、眠る。





11月13日 16:57
信州健康ランドの大広間で横になってる。テレビモニター付き。俺のとこ、「相棒」しか観れなかったのを、左下のボタンを押し狂い無事、チャンネル変更。ぼーっとしている。を経て、ブログを書いている。テレビって、バカっぽいなぁ。振り返る。あっという間だな。


このツアー、ゼロから始まってイチになって…。そんなつもりだったのですが。


いろいろ解ってきました。
ココじゃ言わないけど。
いい感じ。



今日も歌います。よろぴ。












原嶋
2014.11.05 Wednesday

なぞなぞ


3:33。夜行バスに乗って名古屋向かっています。隣の席のジャイアントお母さんのマナーが悪くて、寝付けずにいます。
なので僕は今、ぼーっとしている。


3日。昨日のことを振り返る。秩父4D。わーーーっと、通り過ぎて行ってしまったなぁ。写真、全然撮ってないや。写真を撮る癖を付けたいな。とても楽しかった気がする。数バンドしか見れなかったけど、この地で育ち暮らし関わる人たちのバンド…を、地元バンド?と言うのなら、ソレなのですが…が、ドレよりも最高だった。と、俺は思います。やっぱ。最高だった。自惚れではなく馴れ合いでもなく。感極まる。俺はというと俺は俺で、俺にもっと、魅力があればなぁと思う。













ぼーっとしている。振り返る。

悔しいことの方が、多いなぁ。

















p.s. 取り戻せないモノを取り戻したい時、あなたならどうしますか?しかし、99.9%、取り戻せないんです。ちなみに、選択肢に「諦める」はありません。

なぞなぞだったら、なにかしらの答えが、あるのにねー。笑

あるというのに



原嶋
2014.04.03 Thursday

この夜をもっと。


4月。増税前とやらに振り回され、いいともグランドフィナーレで泣き、しょーもない嘘に付き合わされましたね。

ただいまcodomotonaはアレやコレやで、ワーワーしています。歌だ、曲だ、むずかしいですね。感情だのなんだの。人間ですね。


さいきんは、感情のままに、歌っています。少々、ザツかも。鼻毛でてたし。




■4月4日(金)秩父ladder ladder
“ACOUSTIC NIGHT”

-出演-
原嶋卓哉(codomotona)
小関康介
小峯健太(badactor)
ma cherie
せきねしずか

開場18:00/開演18:30
▼チケット(+ドリンク代)
前売1,000/当日1,500





出逢いの数だけ別れがある。
とは言いますが
そのまんまじゃんね。(爆ワラ)

今年は別れを少し多めに感じています。

今年はいろんなこと、したい。
codomotonaとして、原嶋卓哉として。

しかし、鼻毛でてたなー。



原嶋









2014.03.26 Wednesday

夏、俺、夏。


確か去年の夏、
突如とスピッツにハマりまして
聴きまくっていました。夏。

今、聴くと、
その頃の匂いがして、到来です。
夏。

花火も見たし
海も見たし
プールにも行って
BBQっぽいこともした。夏。

雨に濡れた日もあったな
夕立っつーのかな。夏。



以下、俺の夏。



・シャ・ラ・ラ/サザンオールスターズ






・motion city soundtrack/commit〜





・fun.








スピッツはねーのか?と、ね。
もっとあるのですが
めんどくさくなってしまいました。


しかし、motion city soundtrackのこのアルバムだけはとてつもなく胸を締め付けられます。きっと、なにか、あったんだろうな。その頃の俺にぃー。飛び飛びの安いCDプレイヤーで聴いてたな。あぁ、匂いがする。あぁ、あぁ!!たまらんっ。


夏。



原嶋
2014.03.17 Monday

季節が変わるその前に


掃除をした。

恥ずかしながらとても久しぶりに掃除をした。“最高の吸引力”とは名ばかりの、音だけはいっちょまえの、壊れかけの掃除機で掃除した。壊れかけのsoujiki。(←ジェネレイション)。目に見えるトコだけ。散らばった服、散らばったCD、溜まったゴミ、思い出は無視して、溜まったホコリ、拭き取った。綺麗にした。綺麗とは名ばかりの、いつもの部屋だ。あぁ、この部屋が宇宙。それでもまだ、夜じゃないから、外は明るい。天気が良いもんだから、救われちゃうね。日向ぼっこした。ベッドが暖かい。眠くなるなぁ。

寝そべって床を見ると、意外と残ってるゴミ。なんかズルいな。ドヤ顔でこっちを見ている。残ってるゴミ、ドヤ顔。コロコロで始末。大したことない。コロコロ、大したもんだ。

今はもうすぐ14時になる。テレビを付ける。テレビを付けた時は、いいとも、やってたから、まだ13時前、だったな。“テレビを付ける時間はいいともまで”と決めている。いいとも、終わったら、どうしようかな。

昨日は下北沢でお昼からライブ。地元、秩父でもおなじみ藤原さん。みんな大好き藤原さん。人、ミュージシャンとしていつも刺激と尊敬をもらう。“さよならブルー”は本当に良い曲だなぁ。涙が出る。俺ももっと向き合わなければ。

16時前に解散。少し途方に暮れた。いつもライブは夜だから、朝は勝手にやって来る。勝手に今日を始める。時にイイヤツ、時にヤナヤツ。夜を待つのはちょっとさみしかったな。ヌケガラ。

その後はライブを観に行って帰った。“氷結グレープフルーツ ロング缶”を買った。家に着いた。その日の録音したライブを聴きながら、少し飲んで眠ってしまった。しどろもどろになっちまう。

君が誰かの彼女になりくさってる限り、歌いたい歌がある。人の曲だけど、俺の曲です。そこは図々しく。良い歌いっぱいこの世の中。

自分のことばかりで情けなくなる日々ですが、それでも俺は俺の作る歌で、歌うことで、誰かの何かになりたい。あなたの何かになれる、俺になりたい。

なれぬもんかなぁ。



原嶋

2014.03.15 Saturday

オレニマツワルエトセトラ。


吾輩は猫である。名前はまだ…な…ってか、そもそも猫は猫であるということをわかっているのか?

なんて、もはや筋違いですかね。

……いや、文をつくるにあたって最初の一行は難しいなと。

吾輩は猫である。だなんて、マグレかヤケクソになった末のことだろうなぁ

あぁ、天才
















最近、思うのですが。(←最初の一行コレだったな)







思ってる事は言葉にしないと伝わらないですね。そして、やはり、言葉にしても伝わらないですね。いやー、伝わってるっしょ!と思ってる殿方が居るならば、それはマグレかヤケクソになった末か、の……まぁいいや。

で、でして、わたくし、作詞作曲、歌、ギター。イケます。奇跡的に。

リズムがイイね。

作詞作曲、歌、ギター。

さくしさっきょくうたギター。



…すいませんね。


本当のことは歌の中にある。とは言いますが(噺家風)、言葉にしても伝わらないものを、よくもまぁメロディに乗せて、たまにファルセットで囁いて…みたりして。随分と遠回りしてんなぁと、思ったわけです。ふと。


ちなみに僕は100%を100%で相手に伝えます。可愛いから可愛いと言う。好きだから好きだと言う。性格ブスにはなにも言わない。後で言う。なので伝えたい事がある人にいちいち歌で伝えようだなんてことは、そもそもしません。夜な夜な会いに行ってEmからラブソングはじめたり、しーまーせんっ。そして、恋愛で言うところの“駆け引き”というものは出来まーせんっ。だから上手くいきまーせんっ!!(終)


ギャップは見せるものじゃないですからね。見えるもの、かと。そして、見てくれてるよね、素敵な人ほど。


話戻ってね、想いを歌にするとは素晴らしいことですし簡単じゃないですよ。とてもロマンティックで、たぶん、ピュアだね。だって、言葉にするより難しいですもの。

ただ、“ホント”を相手に伝える時、きっと、たぶん…いや、絶対に、カッコつけてなんて居られないと思うんです。


歯痒さで髪は乱れて、たぶん泣くから、目は赤くなって、そうすっと鼻水出るじゃん?もう、気持ち悪いですよ。…うん、気持ち悪い。


ただ、その瞬間は“ほんとう”だからね。


いつも、そうでありたいな、と思います。






もうすぐ26歳になるのですが、思い返すアレやコレはどんどん昔へ遡るばかり。相変わらず近い人ほど距離がある。素直になれない性分で、いろんなものをおざなりにしてきた。さよならは、する気ないから言わないし、またね、は、そもそもまた会うから言わないし。ありがとうは、恥ずかしいし。

まぁ、言うんだけどさ。笑


思ったことは、すぐ、言わないとな。







卒業の時期ですが、僕の弟も高校卒業のようでして、勝手に自分のいろんな“あの頃”を重ねて彼を、彼らを見ています。


話、もろもろぶっ飛びまくりですが。汗


卒業生のみなさん、卒業おめでとう。ハタチから老けるぞー



原嶋











2012.09.11 Tuesday

こどもとな計画。

9月9日 『こどもとな計画』






関わってくれたすべての人に感謝です。いや、ほんとに。

ホントにありがとうございました!




出演してくれた
T.S.R.T.S
VASALLO CRAB 75
まっちぃさん

zher the zooのスタッフの方々
神本さん、中村くん



他にもたくさん。挙げてったらキリないほどなんだけど…



なにより集まってくれた沢山の人たちに感謝です。






歌っていてとても気持ちが良かった。
あの日、あの場所に居てくれた人たちのおかげです。




僕にとって、探していたモノのようなものが、見つかった気がします。

見た。気がします。



これからもよろしくっす!














もっと、良い景色が見たい。

...ぜ。





原嶋卓哉


Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM